【印鑑を初めて買う】

あなたの「初めての印鑑」は、どのようなものでしたか?

学校を卒業するときにもらった記念品でしょうか。

あるいは、間に合わせで購入された三文判でしょうか。

そして、「もっと良い印鑑が欲しい」と思い始めたり、今まで持っていなかった方が自動車や住宅などを買うときに実印が必要になったりして、お店やインターネットなどで色々と選んで購入に至るということになると思います。

最初は、認印や銀行印、実印などの違いがわからないかもしれませんが、基本的には、用途や大きさは、どれがどれでも大丈夫です。

実印に関しては、その目的は印鑑証明が発行できる印鑑ということになります。役所によってルールに多少の違いがあり、木製の印鑑や三文判はダメとか、24金製の印鑑もダメとかいう場合もあります。

ダメだという理由としては、
「他の人と同じになるものは証明できない」や、「変形する可能性のあるものは受け付けない。」

などがあります。また、小さすぎたり大きすぎる場合も登録できません。

銀行の登録印鑑については、ソニー銀行のようにサイン登録が可能だったり、似顔絵の印鑑を受け付けている銀行もあります。

仕事で使うときには、良い印鑑を使っていると、社内やお客様に対して良い印象を持たれますのでお勧めです。

新入社員の方々は、良い印鑑を使っていると「仕事のできる人」というイメージにもなります。

【印鑑を買いなおす】

今、すでに高級な象牙の印鑑、あるいは開運印鑑をお持ちの方もいらっしゃると思います。

金色の印鑑へ買い替えを考えているお客様の中には、銀行や不動産関係、弁護士など、印鑑を誰かに見せる機会の多い、比較的ステータスの高い仕事をされている方もいらっしゃると思います。

印鑑を買いなおすと、実印の登録をやりなおしたり、銀行へ行って手続きをたりと、今までの登録を変更するのが大変な気もするようですが、意外にそのあたりの手続きはすぐに終わるようです。

どちらかというと、登録をやり直すときには印鑑を実際に押印できますので、その感触を楽しむことができますので、満足のいく時間になります。

買い替えのときの不明な点なども、お気軽に相談をしていただければと思います。

【印鑑を使う場面】

印鑑をどのような場面で使用するかというと、多くは銀行で扱う書類に捺印するときです。

その他では、自動車を買うとき、不動産を売買するとき、遺産相続の手続きをするときなどです。

銀行の方、自動車売買の業者、不動産関係者、公証役場の公証人など、大きな契約をするときにはそれなりの印鑑を持っていたほうが交渉もスムーズに行くこともあると言う方もいらっしゃいます。

契約のときには、身だしなみをキチンとしていても安い印鑑を使用していると少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

【認印】

仕事場では書類の受け渡しをする時など、責任を明確にするときなどの目的に使用され、家庭では、荷物の受領や書類の確認などに使用されます。

三文判を使用している方も多いようですが、この三文判というのは、コストを安くするため大量生産されているので、自分の持っているものとまったく同じものがいつでもどこでも手に入るということになり、それゆえに『三文の価値も無い』=『三文判』と呼ばれているものです。

荷物の受領のように、サインでもかまわないという場合などは、かえってサインをしてしまった方がいいのではないでしょうか? なぜなら、本当にそれが自分の印かどうか、三文判では判別できないからです。

自分の意思で捺印する場合には、やはり自分の代わりとして書類に意思を継ぐわけですから、三文判は避けたほうが良いでしょう。

自分専用の印鑑を持つことにより、詐欺やその他のトラブルを未然に防ぐ効果が生まれるのです。

何かトラブルが起きたときに「私は普段からこの印鑑しか使っていないのだから、それは自分の押した物ではない」と堂々と胸を張って主張することが出来るように、普段から自分専用の印鑑を使用するようにしましょう。

【銀行印】

基本的には名前が入っていないと受け付けてもらえないという銀行が多いのですが、
中には自分の顔写真のハンコでも受け付けている銀行もあります。

会社や個人のマークを使用している方もいるそうです。

しかし、銀行印は、直接的に金銭の出入りに関係していますので、自らが銀行口座を見張るという意味も込めて、きちんとした印鑑を使用しましょう。

また、印相学では、右と左に隙間が開きすぎていて上下の隙間とのバランスが良くない印は、お金が逃げると言われています。

欠けた印鑑もツキを逃がすと言われていますので気をつけましょう。

【実印】

やわらかい素材の印鑑や三文判などは、実印として登録できません。

土地の売買や車の購入などに使用され、財産そのものと言えるでしょう。

実印は、ご先祖からの姓を引き継ぎ、先祖からの財産も引き継ぐ証です。実印をおろそかにするということは、先祖からの財産を失うという家運の傾きを意味します。

また、個人の財産、個人の印鑑ということで、他の人は使用できないという意味でも、姓と名を入れるのが一般的です。

【象牙の高級印鑑について】

たまに聞く話ですが、70万円ぐらいの高級象牙の印鑑の訪問販売があるようです。

見せていただいたことがあるのですが、どれも確かに良い象牙を使っています。

象牙は、印鑑に使用する部分で見た目も変わりますし、実際にキメの細かさも変わります。

また、彫刻に関しては、印影のふちの部分が非常に薄くなっています。この部分が薄いほど高級と言われるのは、職人さんの腕の良し悪しが1番わかりやすいという点でもあります。

「ふちの薄いお茶碗が高級」と言われるのと同じで、手で彫る場合には、上手な人ほどふちを薄く彫ることができます。

しかし、ここ数年は印鑑の彫刻機の精度も上がり、かなり薄く彫刻することも可能になってきています。

ただし、印鑑のふちが薄ければ薄いほど、取り扱いに注意が必要で、非常に欠けやすくなります。

床に落としてしまった場合だけではなく、少しどこかに当たっても欠けてしまうことがあります。

その場合には、印鑑の作り直しや印鑑登録のやり直しなどがけっこう大変です。

もし、購入しようとしている象牙の高級印鑑がありましたら、取り扱いや保証について確認をされると良いと思います。

ちなみに、弊社の印鑑はふちは0.3ミリの仕様で、一般的なものと同じになっています。

ふちの厚みに関しては、「厚いほうが運気を逃がさない」という説もありますが、基準の数値については明確にはなっているわけではないようです。

象牙の印鑑は、朱肉を吸い上げていきますので、長く使っていると印面が赤くなってきます。その独特の色合いを気に入る方も多くいらっしゃいます。とても愛着のわく印鑑になっていきます。また、象牙のツヤ感もいいですし、希少性もあります。

象牙と金色印鑑を比べると、印鑑を押すという目的は同じですが、それを持つ人がどのようなものを使用したいかということが重要になってきます。

印鑑は1度購入すると、なかなか買い直すことがありません。それゆえ、色々な印鑑をよく調べてから購入することをおすすめいたします。

【印鑑の用語集】

アタリ あたり
印影の上下がわかるように、印鑑の側面を少し削って印をつけた凹みのこと。印相的には、印鑑に傷を付けるのはよくないとされる。
印影 いんえい
紙などに押印してできたもの。印鑑の図柄を指すこともある。
印鑑登録 いんかんとうろく
印鑑を役所に登録する。個人は各市町村、法人は登記所で行う。
印刀 いんとう
印鑑の彫刻をするときに使う道具。彫刻刀。字を浮き立たせるために、いわゆる「底を彫る」ためのものや、輪郭をきれいに仕上げるものなど、いくつかの種類がある。
押印 おういん
印鑑を押すこと。捺印(なついん)
ゴム印 ごむいん
印面がゴムでできたもの。住所や名前の長方形のものを指すことが多い。銀行の契約など、会社の住所や代表者の名前等はゴム印を使用する。
三文判 さんもんばん
認め印として使う印鑑のこと。三文(さんもん:昔の通貨単位)の価値も無いというのが名前の由来。
実印 じついん
役所で印鑑を登録した印鑑。印影を登録することにより、本物の印鑑だと証明できる。通常は、印鑑証明を発行してもらい、同時に利用する。三文判などは登録できないことが多い。各市町村によってルールが異なる。
捨印 すていん
文章の間違えを訂正するときに訂正印を押すが、提出書類等で、本人がいなくても訂正できるようにあらかじめ押しておく印のこと。便利であるが、悪用されることもあるので注意が必要。銀行引き落としの申込書類などでよく使われる。
速乾性朱肉 そっかんせいしゅにく
約3秒で乾く朱肉。捺印後、すぐに書類を重ねられる利点があり、書類の発送等、事務系の仕事がスムーズになる。印影もハッキリしているので、ビジネス等に役に立つ。
彫刻機 ちょうこくき
印鑑をセットすると機械が自動的に彫る機械。印影もあらかじめ機械に入っているので、名前を入力するだけで良い。ただし、完全に自動化というのは難しい点が多い。
手直し てなおし
彫刻機を使って彫ったときに、最後の仕上げをすること。リューター等の機械や彫刻刀などを使用する。
手彫り てぼり
印鑑の彫刻は、従来は彫刻刀などで彫っていたが、彫刻機と言われる自動型のものが現れたため、あえて区別するために使われる言葉。
天丸 てんまる
印影の上下がわかるようにつけてある目印。主に法人用の代表者印に用いられる。印面に小さな丸を彫る場合と、印鑑に丸い印を取り付ける場合とがある。
止め印 とめいん
「以下余白」の意味で押す印。あとから余白に何かを書かれて意味が変わってしまうことを防ぐ目的で押す。

【開運印鑑とは?】

一般に言われる「開運印鑑」というのは、主に書体について言われております。

印相八方位という、古代の中国から伝わる八卦と、九星気学、そして文字の総画数と、それを補う印鑑の外枠と文字の接点を吉数にする彫刻をすることにより、開運のエネルギーが増すと考えられています。

金色は風水でも金運を上げると言われていることもあり、そのような理由で弊社の金色印鑑を購入される方もいらっしゃいます。

そのような方々の要望にお答えしまして、弊社では「開運印鑑」としての印相彫刻を行っております。

印鑑によって開運できるかどうかの証明はありませんが、やはり縁起の良いものを使いたいという方が多くいらっしゃいます。

そのため、古くから開運印鑑を手がけている印鑑彫刻師に師事し、その手法を学びました。

文字へのこだわり、開運印鑑へのこだわりが、最高の印鑑を生み出します。

開運印鑑をお探しの方にも、金色印鑑をお勧めいたします。

開運印鑑の印相書体だけではなく、「てん書体」のご希望も承っております。

ページトップへ