【印影は、あなたの分身 こだわりの印影】

印影は、あなたがその場を去っても書類に残ります。

印鑑が押された書類のイメージが、あなた自身となります。

美しい印影は、書類に「優雅さ」と「力強さ」を与え、あなたの分身として活躍します。
印鑑の彫刻は、精度が高いと評判の高級機、内外精機株式会社のIS200を使用し、社内にて彫刻をしております。

印鑑の彫刻は、名字だけであれば、あらかじめセットされている汎用文字があるのですが、 名字と名前の組み合わせに関しては、コンピュータ上で刻印用のレイアウトをご注文ごとに個別にデザインし、その後に彫刻をいたします。

美しい印影を実現するために、「どのようにしたら美しい書体ができるか?」ということにこだわり、名人と言われる方々の印影を研究し、書道を学び、そして木製の印鑑を数百本削りこんで腕を磨きました。

1本1本、汎用の書体を使用せずに丁寧に作りこんでおりますので、金色印鑑の見た目の豪華さだけでは無く、押印された文字の美しさでも満足いくものとなっております。

もっとも重要なことは、彫刻された印鑑の文字というよりも、実際に紙に押された印影の美しさです。印鑑を手にとって見たときよりも、いざ押印してみますと若干文字が細く感じられるかもしれません。そのバランスをとることにより、大切な書類が芸術作品となるのです。

実際に金色印鑑に彫刻するときに機械にセットする彫刻針(カッター)は、高価な超硬の特殊なものを使用しております。象牙や木製の印鑑用の針ですと、金属が硬いために彫刻ができません。

また、彫刻にかかる時間も、ゆっくりと彫刻する必要があります。スピードを上げると超硬の針も折れてしまいます。

このように、1本の印鑑を作るためには、かなりの時間を要することになります。

その後、仕上げをして、品質の最終チェックをし、完成となります。

出来上がった印鑑は、ぜひ実際に紙に押してみて、その印影をご確認いただければと思います。

あなたの分身としての印影が、そこにあります。