【金色合金の配合方法】

弊社で使用している金色合金、プラネットゴールドの成分の分析をしますと、この素材にどのよう金属が配合されているかの構成要素を知ることができます。
ただし、検出しようとして検査をしないと通常の検査では出てこない成分も含まれています。
また、実際に製造をしてみるとわかりますが、分析して判明した成分の配合で溶かしてもうまくできません。
どの元素を、どの順番でどのように混ぜるかがとても重要です。
これに関しては、かなりの回数の試験を繰り返してできあがった合金ですので、すぐには製造できません。
ちなみに、特許に関しては金属の配合の構成成分の割合についての許容範囲で提出しております。

写真は、素材の試験に使用した溶解炉です。金色の合金を製造するときには1,250℃ですが、高温でなければ溶けない金属を混ぜる実験のために1,450℃まで温度を上げることもありました。

そのため、ヒーターはシリコンカーボン素材のものを使用し、温度を測定する熱電対(センサー)もR型という、プラチナ線のものを使用しています。1回の溶解では、だいたい6〜7kgの重量になるような配合をした合金を作ります。

銅、アルミニウム、クロム、マンガン、ゲルマニウム、ニッケル、鉄、インジウム等々の配合比率を変えて実験を繰り返します。
この溶解炉は可傾式のため、注湯するときには炉をチェーンブロックで吊り上げて作業します。配合比率、温度管理等、様々な実験を行い、失敗を重ねながら完成したのが、高級印鑑に使われている金色素材です。