【合金とは】

合金とは、複数の金属元素が合わさったものです。例えば、清涼飲料水のアルミ缶に使われているアルミニウムは、純アルミではなく、マンガンなどが含まれた合金となっています。純度の高い金属を使用するよりも、使用する目的に合わせた性質を持つ合金を使用するのが一般的です。

プラネットゴールドは、銅を主体としてアルミニウムやニッケルなどを配合した合金です。配合によって合金の性質が変化するため、そのブレンドの割合や混合のやり方がポイントです。金色で腐食に強いという特徴を維持するための配合は独特のものになります。

ところで、銅合金と聞くと「青い錆び(緑青:ろくしょう)が発生するのではないか?」とよく聞かれますが、錆びに強い銅合金というもので身近なものに、50円玉や100円玉があります。硬貨をステンレスと間違えられる場合もあります。参考として、以下に硬貨の成分を表示いたます。

錆びに強い銅合金の硬貨


50円硬貨 白銅
(銅75%、ニッケル25%)
100円硬貨 同上
500円硬貨 ニッケル黄銅
(銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%)

錆びの発生する硬貨


5円硬貨 黄銅(真鍮 銅60〜70%、残 亜鉛)
10円硬貨 青銅(銅95%、残 亜鉛、スズ)

そして、弊社の高級印鑑の金色素材は、


金色合金 銅92〜95%
アルミニウム3〜6%、残クロム等

となっています。